医療

抗うつ剤の利用方法を確認【数週間から数ヶ月で回復させる】

失敗しない選び方

カウンセリング

抗うつ剤はいろんな種類がありますので、医師は処方をする際にきちんと説明をしなくてはいけません。また、効果が高く副作用が少ないものは薬価が高いので、長く服用する事を考えて、自分にあった薬を選びましょう。

高い効果が期待できます

男性

副作用は抑えられています

うつ病を患う人の数は増加し続けています。特に珍しい病気ではなく、身近な病気として認識されつつあります。この病気になると意欲が低下し何事にも積極的になれず、悲観的な考えばかりが心の殆どを占める様になります。一時的な体調不良なら数日で回復しますが、2週間から3週間以上この様な症状が続く人はうつ病の可能性が高いです。病気について自覚できる人もいますが、いつもと違う言動や行動に周囲の人が先に気が付く場合もあります。早い段階で治療を開始すれば、数週間から数ヶ月で回復させる事ができますが、こじらせると何年もの間に再発をくり返す厄介な病気です。過剰なストレスが発症のきっかけとなるケースが多いですが、他の病気や本人の気質が影響している場合もあります。治療には抗うつ剤を使用した薬物療法が中心となります。薬を服用すれば遅くとも数週間で効果が現れ、辛く苦しい症状が軽減されていきます。症状によっては薬の効果で仕事や日常生活を普段通りにできる人もいます。最近使用される新しいタイプの抗うつ剤は比較的副作用の少ないものですが、種類によってはめまいや眠けを感じる場合もあります。その様な抗うつ剤の副作用を逆手に取り、不眠症を伴う患者へ投与する事で症状を解消させる方法もあります。この様に症状に応じた適切な処置を受ける為には、医師との信頼関係やコミュ二ケーションの多さが重要です。うつ病等の心の病の治療は精神科を利用する事になりますが、短期間で完治させる為にも実績のある専門医による適切な治療を受ける事が必要です。精神科の薬物治療で使われる抗うつ剤にはいくつもの種類があります。脳内神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンの減少を止め、うつ病の症状を軽減させる事が期待できます。そしてうつ病には大うつ病性障害や双極性障害等に分けられ、それぞれの症状に応じて薬を使い分けていく事が必要になります。初期のものである3環系や4環系と言われる薬はふらつきや便秘、排尿困難等の様々な副作用を伴います。しかし選択的セロトニン再取り込み阻害薬であるSSRIやセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬であるSNRIは比較的副作用が抑えられています。ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動薬であるNaSSAについては、高い抗うつ効果がある反面、眠気と食欲増進の副作用が見られるので利用の仕方に配慮が必要です。そして新しいタイプの抗うつ剤で効果が期待できない場合には、古いタイプの3環系や4環系の薬を使用する場合もあります。薬の副作用については一般的な目安に過ぎず、個人差があります。治療期間中の症状や経過について医師に詳しく報告する事が必要です。明らかに異常である時や生活に支障がみられる場合には薬の量を減らしたり、別の薬に変えたりする等の処置をしいていきます。そして抗うつ剤による治療を受けるにあたり、飲酒の習慣がある人は要注意です。薬の血中濃度に影響して効果についての判断がし難くなります。治療効果が得られない人の中にはアルコール依存症が隠れているケースも少なくないです。飲酒についてはあらかじめ医師と相談しておく事が必要です。

病院受診の前に確認

薬

うつ病かもしれないと心配をしている人は病院を受診することがあ大切ですが、病院で症状を簡潔に説明できるように起こっている症状を記録することから始めましょう。そして診察や抗うつ剤にかかる金額を準備しておけば安心して受診ができます。

うつに特効を示す医薬品

手

抗うつ剤は脳内から放出される『神経伝達物質』の働きを調節します。「ドーパミン」、「ノルアドレナリン」や「セロトニン」の分泌を安定させるべきです。そうすれば必然的にうつ病の回復も早くなり元に戻れるでしょう。