男性

抗うつ剤の利用方法を確認【数週間から数ヶ月で回復させる】

  1. ホーム
  2. 病院受診の前に確認

病院受診の前に確認

薬

これをしてから受診しよう

うつ病かのしれないという心配を抱えている人が増えているようですが、病気かもしれないという悩みがある時には病院に行くという方法を考えますが、実際に病院を受診する前にできることをしておきましょう。うつ病は身体の病気のように目に見えて説明を出来るものではないので、医師に症状を説明する時には自分自身で症状を伝え、その内容に合わせて医師が治療を行います。うつ病の治療は抗うつ剤を使用した服薬治療がメインになりますが、症状にしっかりと合ったものを使うことが大切です。そのため、できるだけ正確に自分の症状を医師に伝える必要があります。しかし、何も準備をせずに受診をしても、症状を説明することが難しく要点を得ないままに診察が終わってしまう可能性があります。そのため、事前に自分の症状をある程度まとめておくと医師に説明をする時にまとめた通りに伝えればいいという方法がとれます。症状をまとめておく時には日付や時間などを記入するようにして、自分の症状や気分などをできるだけ詳しく書くようにしましょう。症状が正確に伝わらないと使用する抗うつ剤に選択に関わってくるので、病院に行く前に重要なことはメモにまとめておくようにしましょう。また抗うつ剤は一度処方されても変更をすることができます。うつ病は症状に個人差が大きく、同じような症状をもつ人でも効果が出る薬には違いがあることがよくあります。そのため一度処方されて服用を続けても症状が良くならないと感じた時には医師にその旨を伝えてみましょう。その様子を元に新しい種類の抗うつ剤に変更されることもあります。うつ病かもしれないということで病院を受診する時に、もうひとつ気になることが受診した際の費用です。病院の受診は決まった金額になることはないので、当日に診察を受けて薬を処方されるまで、正確にかかる金額がわかるわけではありませんが、目安を知っておくことで事前に準備しておくことができます。まず受診した時には診察料がかかりますが、初めて診てもらう時には初診料というものがかかるので少し金額が高くなります。そして検査をすると検査量がかかりますが、検査の種類によって金額に大きな差があります。中には保険診療であっても高額なものもありますが、そういった検査を行う場合には病院側から金額についての説明があると思うので、特殊な検査に関しては心配をする必要はないでしょう。他には薬が処方される時の処方料と薬の料金が必要になります。ここまで全てを合わして初診の場合には3000〜6000円、2回目以降には2000円〜3000円程度だと考えておけばよいでしょう。ただし抗うつ剤の種類によっては値段に違いがあり、基本的には新しく発売された抗うつ剤のほうが値段が高く、発売から時間が経っているもののほうが値段が安くなることが多いようです。またジェネリック医薬品というものもあるので、そういったものを使用すると値段を安く抑えることができます。抗うつ剤にはたくさんの種類があり、睡眠薬なども含めるとたくさんの種類の薬を服用している人もいます。薬の量が増えると当然、かかる費用も高くなってしまうので、薬の費用を抑えたいと思った時には不必要な薬はなるべくなくしていったほうが良いでしょう。