男性

抗うつ剤の利用方法を確認【数週間から数ヶ月で回復させる】

  1. ホーム
  2. うつに特効を示す医薬品

うつに特効を示す医薬品

手

うつに効く薬の種類

医薬品は多種類におよび効果も各薬によって違うのは決定的です。臓器に特効を示して作用する物もあれば、精神に効き目がある薬品も製造されています。メンタルに作用する医薬品や抗うつ剤は主に『神経伝達物質』の働きを調節するのが特徴的です。脳から放出される物質は精神に影響を与えます。また、感情の働きかけによって『神経伝達物質』の分泌量は変わっていくのがポイントです。人の脳から放出される「ドーパミン」、「ノルアドレナリン」や「セロトニン」は重要な役割を果たします。それら三つの伝達物質のバランスが取れていると精神は健全になりやすいです。しかし、外因から来るストレスによってそれらの物質のバランスが崩れてしまいます。特に「セロトニン」の分泌量が減っていくと不安感を覚えやすくなる為、注意は必要です。安心や愛を促しやすい「セロトニン」は外因から来るストレスによって分泌量が少なくなります。抗うつ剤は脳内から放出される物質の均衡を保ち、精神病(うつ)の進行を抑制させながら治りやすくする作用が強みです。基本的には「ドーパミンやノルアドレナリン」の生産量を増やしながら「セロトニン」の働きを調節します。全させて三つの物質のバランスが保たれる事が重要視される為、抗うつ剤の存在は重要です。医薬品は直ぐに効き目が出てくる様子があります。特に精神に影響を与える物は一時間以内に脳に影響を与えるでしょう。個人差はありますが強制的な働きかけは大きなメリットです。副作用としては胃や一部の臓器に刺激を与えますが、十分に対処できます。効き目が早めに出てくる抗うつ剤にも5種類ほどあります。代表例としてはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が挙げられますがセロトニンだけ増やすのが利点です。脳内バランスを保つ三つの『神経伝達物質』の内、一つだけでも働きが鈍れば問題が生じます。よって不足を補う為にもSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)などの医薬品は必要です。注意すべき点は飲み過ぎることを指摘できます。脳内のセロトニンを増やし過ぎるととても眠くなり、集中力が激減してしまうでしょう。安心も覚え過ぎると眠気を誘ってしまい、意欲が低下してしまいます。したがって極端な服用は避けてドクターが定めた飲み方に沿いましょう。抗うつ剤の一種であるNaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動薬)があります。これはSSRI(再取り込み阻害薬)と異なり二種類の『神経伝達物質』に影響を与えるのが強みです。ノルアドレナリンの働きが低下してしまうと動く気力や能動性が鈍くなってしまいます。うつ病の人は倦怠感が伴ってきますが、双極性の病を患わせているならセロトニン調節だけでは厳しいです。よってNaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動薬)を役立てると良いでしょう。注意すべき点は胃腸に影響を与えることです。どの医薬品にも言えることですが、副作用は必ずあります。大体の薬品は胃腸に負担を与えますから気を付けましょう。痛みや違和感が気になるなら主治医に相談をして、胃薬などを処方してもらうべきです。