男性

抗うつ剤の利用方法を確認【数週間から数ヶ月で回復させる】

  1. ホーム
  2. 失敗しない選び方

失敗しない選び方

カウンセリング

こんなところは要注意

うつ病に掛かると、本人も周りの家族も一番気をつけなくてはいけないのが、治療を受ける病院の選び方です。万が一変なところに通ってしまいますと、症状が悪化する恐れもありますので、慎重に見極めなくてはいけません。病院は自分の意思で治療を受けるかどうかの選択をして構いませんので、医師や看護師と合わない気がしたり、院内の雰囲気がちょっと苦手だと感じたりした場合には、迷わずに別の病院を探すようにしましょう。まず、気をつけなくてはいけないのが、うつ病の治療に使われる抗うつ剤の説明が一切無いような病院です。うつ病にも色んな種類がありますし、治療をするための抗うつ剤にも様々な種類があります。ですので、一般的には薬を処方する際には、医師はどんな薬なのか、副作用が出るのかどうか、飲み方についてなどの説明をきちんと行わなくてはいけないという義務があります。そのため、薬の説明を一切せずに処方をするので飲んでくださいとしか言わないような病院は注意が必要です。また、様々な薬を一気に処方して、全て飲むように指示をする病院も非常に危険です。薬の種類は違っても効果が同じ場合もありますので、当然ですが、出された薬は全てどんなものなのか説明をしてもらわなくては不安です。もしも、診察の際に薬の処方だけされて説明が無かった場合には、しっかりとどんな薬なのか、効果や副作用はあるのかというのを聞いてみましょう。医師がちゃんと答えてくれれば問題ありませんが、話を濁したりとにかく服用するようにとだけ言ってきたりする場合には、その病院には行かないほうが良いでしょう。うつ病の治療で使われる抗うつ剤は、非常によく処方されますが、様々な種類があります。そのため、人によっては処方されたものでは効果を感じにくいものもあるかもしれません。その中でも人気のある抗うつ剤は、やはり副作用が少なくて比較的新しいものが挙げられます。中でもレクサプロと呼ばれる抗うつ剤は、効果と安全性のバランスが優れており、効果が比較的早くてセロトニンを集中的に増やしてくれるという効果が期待出来ます。一般的にうつ病に使われる処方薬は、効果は高くても副作用も強かったり、副作用が無い反面効果が期待出来なかったりするなど、一定の効果を得るためには副作用があっても仕方ないという考え方が根強くありました。そのため、ちゃんとした効果を得る事ができて副作用が少ないという薬は、まさに良いバランスを保っていると言える抗うつ剤だと言えます。しかし、良い薬は決して安くは無いというデメリットがあります。処方をしてもらうと、どうしても他の薬と比べると薬価が高いため、ある程度お金に余裕がないと、途中で治療を続ける事が出来なくなってしまう恐れがあります。うつ病の治療は、途中でやめてしまいますと、症状が悪化する恐れもありますので、医師の正しい診察と判断が重要となります。そのため、薬を選ぶ際には細心の注意を払うようにして、長く続けられるかどうかというのをきちんと考えて下さい。抗うつ剤はもちろん、レクサプロ以外にもありますので、まずは色んな薬を試してみて自分に合った薬を選ぶ事が大切です。長期間の治療が必要となりますので、しっかりと病気と向き合う事が大切です。